FC2ブログ
 

デリケートな通販店

3kara.com
サンカラショップでは商品を探しやすくなっております。
店頭で買うのはちょっと恥ずかしい生活に必要な商品を専門に扱っております。 デリケートな商品なので梱包や個人情報の扱いには特に細心の注意を払っております。配達の際に商品の中身がばれる事は絶対にありませんのでご安心下さい。

カテゴリー

ショッピングガイド

新着商品

各種表記

お問い合わせ

知っ得!グループ

RSSフィード

リンク

SEO対策

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊娠したらくび

最近他所のブログで読んだんですが、就職活動をしている20代半ばの女性。

既婚者です。

どうも、この状況は就職に不利なようです。

なぜかというと、妊娠ということがあるから。

会社としてはいつ妊娠して退職していくかわからない20代半ばの女性を雇うより、妊娠する可能性のない男性のほうを雇うほうがいいのです。

これって、すごく女性にふりじゃないですか。

もちろん、女性差別になるから、会社側はそんな事口に出していいませんよ。
でも実際に選考するときにそういう事は考慮されてしまうようです。

妊娠する事一つで女性はこれだけ不利。

バリバリ働いている女性だって、妊娠しないようにプレッシャーを受けて働いている人がいーぱいいるんじゃないでしょうか。

だとすると、独身でいたほうが楽じゃないですか。

妊娠にプレッシャーがかかっていると言う事は子供を産む事にプレッシャーがかかっているって事です。

少子化になるのもうなずけます。

結婚して、子供を産んで、育ててなんてやるのが大変な世の中なんですから。


それはどういうことかというと、人の生きていく未来がないということです。

人は産まれて、生きて、子孫を残す。

それが究極の目的です。

それができない社会は人が生きている価値を否定しているようなものです。


20代半ばの既婚女性が就職不利な世の中。

人は人の首を自ら絞めているようなものです。

女性が妊娠しても不利にならない健康な世の中になって欲しいものです。
スポンサーサイト

<< めずらしい棒をみつけた!  【BACK TO HOME】  男女平等なんてくそくらえ >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。